英EU離脱 ブレグジット ポンドはどうなる?【7/28版】展望

先週は展望記事の通りだったね!!


さて先週はの記事、Twitterのとおり下がりましたね。

やはり天才なのかもしれない…w

政治情勢

さて、冗談言っても誰も面白くもないので淡々と解説していきます。

何より、ボリス首相誕生!!しましたね。

そしてさっそくEU側とバチバチ!!

・組閣メンバーは離脱強硬派だらけ

・25日にユンケル欧州委員と電話会談も、再交渉の見通しは立たず…

・26日にメルケル独首相と会談、バックストップ案条項の削除を求めた

とまぁ、『自分が良ければそれでいい』ようなことを周辺国に言いまくってます。

それが外交というものなのかもしれませんが。

で、マクロンも早々にボリスと話していこうとしていますが、

市場的にはどんどん合意なき離脱を織り込み、

先週は安猫しました。

その他情勢

さらに、先週はドラギ・ナイトがありましたね。

ECBは金利の据え置きを決定しましたが、

場合によっては金利の引き下げをすることにも言及しました。

で、ドラギ会見でハトポッポするかなと(弱気な発言するかなと)思ったのに対してハト派ではなく、

金利上昇となりました。

でもってそれが、米国指標もよかったし、来週のFOMCも似たようなスタンスかも…ってことで、

めでたくドル高となったのでした。

来週の主な予定

30日火曜日には、

米個人所得支出、中古販売成約指数

米中通商協議

 

31日水曜日には、

米ADP雇用統計

米FOMC、パウエル議長会見

 

1日木曜日には、

英中銀政策金利、カーニー中銀総裁会見

米ISM製造業景況指数

 

2日金曜日には、

米貿易収支、雇用統計

 

があります。

 

色付きはかなり気になるところ。

値動きについて

さて、値動きについて。

ポンドは右を見ても左を見ても、上げ材料がない。

…というのが意外と上げ材料かもしれないw

といった印象。

こういう時に限ってポッと良いニュース出してきてショートは嵌め殺したりしそうなんだよなぁ。

お試しで金曜の夜にロングしてますんでこういう期待も出てしまうww

 

とりあえず一旦はダブルボトム気味に終わったところがあるので、

1.23600位まで見てみることをおススメ。

そこまでいくならまだ大底の確認不足ってことでしょうから、まぁショート握っててもいつは救われるのではないか。

指標、FOMC、BOEの発言に注意していきたい。

 

基本は下目線継続で良いかなと思います。

短期では1.24800超えなければそのまま。

発言などでの瞬間的な上げに引っかかったりしそうな週になるので、注文は柔軟にしておいたほうがいいと思います。⇒薄めに注文したほうが◎。

潮目が変わる週になる可能性もあるので、重々注意をおススメします。

 

おススメ

イッセンマンおススメの業者は『XM』です。

スプ狭い!!レバ888倍!!入金ボーナスもあるで。

合わせて、

普段通り取引するだけで取引10万通貨あたり6ドルのキャッシュバックがもらえる『FinalCashBack』

毎月3~6万円をコンスタントにもらってます。最高11万円くらい。

  • 1000マン
  • 借金1200万円を投資で完済。現在は本業と投資で悠々。投資はFX・BOメイン。キャッシュバックサイト活用。恐竜好きの2児の父。